切手買取の基本情報

1960年以降発行されたわりと新しい切手ならば、額面以下の買取価格となってしまう場合が少なくないみたいです。

具体的には、額面が50円以上の切手ならばおおよそ7割ほどとなります。どうしてかというと、買取店の場合は買取を想定して鑑定するので、買取の金額に不満がある場合のほかは売却することを前提に頼向こととなるためです。

加えて、個々の切手やシートを、ビニールを使用して十分に密封されているものや写真を入れるのに使うアルバムに保存されていたものは買取対象品にはならないこともあるみたいです。

高い金額で買取されやすいシートの代表は、手彫、菊、田沢切手などがあげられます。そんな中でも、保存状態がよくて、カラーマークが入っていれば需要も望めるので、高額となることが多いです。未使用で傷のないもの等一定の条件を満たしていれば額面よりも高い金額になることもあるみたいです。消印が押してあるシートは一般的には買取の対象にはならない傾向があるみたいですが、押してある消印の種類によっては買取対象となるものもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>